札幌といえば? そうスープカレー!?

今日のお昼はスープカレーでした。

おはこんにちわ。スタッフYです。

DSC_0129

Rojiura Curry SAMURAI. 平岸店 ひき肉納豆と野菜)

SAMURAIは昔から好きで、最近はこれがお気に入りで、毎回食べてます。

 

そんなお昼にスープカレーを待っている間の話題ですが、いつから北海道でスープカレーが有名になったのか?です。

一緒だった同世代のスタッフは、自分たちが高校生の時は、スープカレーなんて食べたことなかったのに、大学生くらいから名前を聞くようになった。

そうなんですよね。大学から道外にいる友人は、食べたことがないって言ってました。

調べてみると2000年代からブームになったみたいです。

 

「北海道 ソウルフード」ってGoogle先生に聞くとスープカレーが出てくるんですよ。

いつの間になったんでしょうね(笑)

ブームで終わらず、食文化を作るなんてすごい。

個人的には月に1度は食べているので、納得ですが、10数年前に北海道を離れた人にしては納得できないかも。

 

SAMURAIは、東京にもあるみたいなので、近くに行ったら北海道のソウルを感じてみてください。

関連記事

  1. よくふってからお飲みください。

  2. 北海道は日本じゃなかった

  3. 1,000時間のクラシック・ジャズに浸る

  4. 暑い!海に行きたい!

  5. クラウドサービスの活用で、請求処理の時間を10分の1に!

  6. 札幌の暑い夏を、パフェで凌ぎたい